モケラ

Tech Sheets

mokelab

Roomで、DAOを作る

最終更新日:2019-04-03

Entityの定義ができたら、次はDAOを作ります。DAOとはデータにアクセスするためのオブジェクトです。

@Dao
interface ArticleDAO {
    @Insert
    fun insert(article: Article)

    @Query("SELECT * from article WHERE id=:id")
    fun getById(id: Int): Article

    @Query("SELECT * from article ORDER BY id desc")
    fun getAll(): LiveData<List<Article>>

    @Update
    fun update(article: Article)

    @Delete
    fun delete(article: Article)
}

インターフェースに対し、 @DAO をつけます。Roomはこれを見て適切なコードを生成します。データの追加を行うメソッドには @Insert を、更新を行うメソッドには @Update を、削除を行うメソッドには @Delete をつけます。

データの取得を行うメソッドには @Query をつけ、引数部分にSELECT文を記述します。 getById() のように、メソッドに引数がある場合、SELECT文の中でその引数を :引数名 で使用することができます。

データ取得メソッドの場合、戻り値の型を LiveData にすると、Roomによってデータベースの監視機能が提供されます。行の追加といったデータベースに変更が入ると、自動で検索が実行され、セットしている Observer に結果が通知されます。

一覧に戻る