モケラ

Tech Sheets

mokelab

Jetpack Composeで余白(Padding)を指定する

最終更新日:2021-10-14

Jetpack Composeで余白を指定するには、 Modifier.padding() を使います。WebやViewシステムでは要素間の余白を設定するためにマージン(margin)も使いましたが、Jetpack Composeではパディング(Padding)のみ使います。

上下左右に同じ余白を指定する

padding() のパラメータとして all を使うと、上下左右に同じ余白を指定することができます。

@Composable
fun Greeting() {
    Text("Hello Padding",
        modifier = Modifier.padding(all = 8.dp))
}

プレビューは次のようになります。

上下と左右をセットで余白を指定する

padding() のパラメータとして vertical を使うと、上下に同じ余白を、 horizontal を使うと左右に同じ余白を指定することができます。デフォルト値として 0.dp が指定されているので、片方だけ指定するといった指定もできます。

@Composable
fun Greeting() {
    Text("Hello Padding",
        modifier = Modifier.padding(
            vertical = 16.dp,
            horizontal = 8.dp
        )
    )
}

プレビューは次のようになります。

上下左右それぞれ別の値を指定する

以下のパラメータを使うと指定した位置の余白を指定することができます。

  • top : 上
  • bottom : 下
  • start : 文を書き始める位置。日本語だと左
  • end : 文を書き終える位置。日本語だと右
@Composable
fun Greeting() {
    Text("Hello Padding",
        modifier = Modifier.padding(
            start = 4.dp,
            end = 8.dp,
            top = 4.dp,
            bottom = 8.dp
        )
    )
}

プレビューは次のようになります。

一覧に戻る