モケラ

Tech Sheets

mokelab

Flutterで作成したアプリをiOS版としてリリースする

最終更新日:2019-05-02

Flutterで作成したアプリは、通常のiOSアプリとほぼ同様の手順でリリースすることができます。

flutter create コマンドで作成したアプリプロジェクトの ios フォルダ配下が通常の ios アプリと同じファイル構成になっています。XCodeで Runner.xcworkspace を開きます。

公式ドキュメント

アプリアイコンを変更する

通常のiOSアプリと同様に、 Assets.xcassets でアプリアイコンを指定します。

アーカイブを作成する

こちらも、通常のiOSアプリと同様の手順です。

一覧に戻る