モケラ

Tech Sheets

mokelab

Flutterで作成したアプリをAndroid版としてリリースする

最終更新日:2019-05-02

Flutterで作成したアプリは、通常のAndroidアプリとほぼ同様の手順でリリースすることができます。

flutter create コマンドで作成したアプリプロジェクトの android フォルダ配下が通常のAndroidアプリと同じファイル構成になっています。このフォルダをAndroid Studioで開き、同様の手順で署名つきapkを作成します。

公式ドキュメント

application IDを指定する

com.example.アプリ名 がデフォルト値として指定されているので、適切な値に変更します。

versionCodeとversionNameを指定する

こちらも、通常のAndroidアプリと同じ指定方法です。versionCodeは1以上の整数を指定します。

minSdkVersionとtargetSdkVersion

targetSdkVersionはGoogle Playで要求されているものより大きい値にする必要があります。2019年11月1日以降は28以上(Android 9)にする必要があります。

アプリアイコンを変更する

android/app/src/main/res/mipmap-xxxxic_launcher.png があるので、適切なものに差し替えます。

署名つきapkを作成する

通常Androidアプリでの作業と同様です(記事は別記事として書きます。。。)

一覧に戻る